トイレのウォシュレットの水漏れは修理できるか

ウォシュレットを自宅のトイレに設置している人も増えてきました。今ではかなり普及しているアイテムで、トイレットペーパーでお尻をほとんど拭かなくてもきれいにできる優れものアイテムです。しかしこのウォシュレット 水漏れで困っている家庭も見られます。このようなトラブルの対処法について説明します。

■水漏れの修理の前に

ウォシュレットで水漏れが発生していることを見つけた場合、とにかく最初に行うことは止水栓を閉めることです。そのまま放置していると、床が水浸しになることもあります。止水栓を閉めれば、とりあえずそれ以上床が濡れずに済みます。便器の横の給水管にハンドルもしくはマイナスの溝があります。これらを閉めれば、水の流れは止まります。


■修理にかかる作業はどのくらいか

ウォシュレットの修理を業者に依頼した場合、部品があればおそらくたいていのケースで当日中に作業は完了するはずです。ただし特殊な工具が必要となった場合には後日改めて、という流れになる可能性もあります。これは現地で実際に症状を見てみないと、プロでも判断ができません。見積もりを取る意味でも、まずは修理業者に連絡を取って自宅にスタッフに来てもらう方が良いです。

■まとめ
ウォシュレットの水漏れをそのままにすると床が濡れてしまって、時として腐食してしまう場合もあります。そうなるとリフォームも大掛かりになってしまいます。また精密機械なため、専門知識を持った業者のスタッフに作業をお願いするのが基本です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ