トイレのウォシュレットの水漏れは交換する必要があるか

トイレの水漏れの中には、ウォシュレットのトラブルが原因で起こるものもあります。普段普通に使っていたウォシュレットがある日突然使えなくなると不便です。電池切れといったトラブルであれば、自分で何とかなりますが、製品自体の故障の場合、トイレの交換も検討しなければなりません。

■修理したくてもできない場合も

ウォシュレットの水漏れの中には、部品が劣化しているため、新しいものと交換すれば症状が収まるケースもあります。ところがこの肝心のパーツがないというケースも決して珍しくないです。というのもメーカーの部品の最低保有期間は製造打ち切り後から10年程度とされているためです。もし製造中止になってから10年以上経過すると、部品のストックがなくて修理不可になってしまうこともあり得ます。

■故障を放置するのは危険

ウォシュレットの水漏れを、たいしたことがないからといってそのまま放置するのは正しい対処ではないです。水漏れだけでなく、コードに傷がある場合ショートを起こして発火してしまうこともあり得ます。また便座に座っている人が感電することもゼロではないです。速やかに電源プラグを抜いて、専門の業者に連絡を取ることが大切です。


■まとめ
ウォシュレットの寿命は、使用頻度や地域によって若干異なります。しかし一般的には10年が目安で、この期間に差し掛かっている、経過しているものを使っている方はいつ壊れてもおかしくないと考えたほうがいいです。この使用年数が経過しているのなら、修理だけでなく交換も視野に入れましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ