トイレのパイプから水漏れが発生した場合の対処法

トイレの床が濡れている、パイプがビショビショになっているのに、便器やタンクを調べても原因が分からない、というような問題に悩んでいる人もいるかもしれません。このような場合、パイプで何らかの問題が発生していると考えられます。どのような事情が関係しているか、知っておけば適切な対処ができます。

■接続部分の問題が多い

給水や排水パイプから水が漏れ出ている場合には、接続部分に何らかのトラブルが起きていると推測できます。ナットの場合、時間の経過とともに徐々に緩んでしまった、ゴムパッキンが劣化して隙間ができてそこから水が漏れてしまったという原因も考えられます。もしナットの緩みであれば、モンキーレンチを持っている人は自分で修理することも可能です。


■止水栓で水漏れが発生している

トイレの横に蛇口やマイナスの溝のついている個所があって、その周辺から水がポタポタ垂れている症状が出ている場合もあります。もしそのような状況であれば、止水栓が水漏れの原因箇所と推測できます。この場合、中に入っているパッキン部分の劣化の原因の可能性が高いです。新しいものと交換すれば、問題が解決することもあります。


■まとめ
ナットの緩みの場合、工具などが自宅にあれば自分で対処することも可能です。しかしもし作業するのであれば、止水栓を閉めてから実施しましょう。もしこれを怠ると、大量の水漏れでかえって状況が悪化する恐れも出てくるからです。トイレ 水漏れでパッキンの劣化などが問題であれば、業者に連絡して修理を依頼するのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ