トイレの水漏れは取り付け不良が原因

トイレの水漏れの原因はいくつかの要因が考えられます。その中でも取り付けに問題があると、床から水漏れを起こして濡れている症状が考えられます。便器と床のつなぎ目のところで水漏れが発生するメカニズムと対処法についてみていきます。

■フランジパテの劣化の可能性も

もし床が濡れているのであれば、便器の取り付けに何らかの問題が起きていたかもしれません。そのほかには便器と床下の排水パイプを接続しているフランジパテの劣化の可能性も考えられます。ただし床と便器の間で本当に起きているかどうか確認するのが先決です。便器に墨汁など色のついた液体を流し込み、濁った水が漏れるようであれば、取り付け部分の問題が推測できます。

■業者にお願いするのがおすすめ

もし床が濡れているような水漏れの場合、自分で対処するのは難しいです。専門業者に連絡して修理を依頼するのが無難な解決策といえます。またもし新築で取り付け不良の場合、工事業者に連絡して修理を依頼するのも一つの方法です。工事業者の瑕疵による水漏れなら、無償で作業をお願いすることも可能です。業者に連絡し、症状を確認してもらいましょう。


■まとめ
トイレ 水漏れはまずどこで漏れが発生しているか、箇所をチェックすることが大事です。またこれ以上水漏れが広がらないようにするためにも、止水栓を閉めることも忘れずに行うことです。業者を速やかに呼んで状況を見てもらい、どう修理するか、いくらかかるのか詳しい説明を聞きましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ