トイレの水漏れで多い原因は何か

水道 工事を行っている事業者にはいろいろな依頼が持ち込まれます。その中でもトイレトラブルの報告事例はかなり多いといわれています。修理をするためには、まず問題の根底に何があるか、その原因を突き止める必要があります。いくつか要因は考えられますが、その中で多い原因をいくつか紹介します。

■トイレタンクの水漏れは多い

トイレならではの問題の中で多いのがタンクにおける問題です。タンクのレバーを使って長時間経過しているけれども、内部でちょろちょろと水の音がする、常に便器に水が流れている場合、タンク内の部品にトラブルが発生し、水が止まらなくなっています。この状況を放置していると、水道料金が高くなって経済的な負担が大きくなります。


■実は漏れていない場合も

拭いても拭いても床が常に濡れているトラブルを、絶対に水漏れだから修理して欲しいという依頼が業者にはたびたび持ち込まれます。しかし実際に現地調査を行ったところ、異常なしという事例も少なからず見られます。というのも結露が発生しているだけで、トイレの構造自体には何の問題もないからです。



■まとめ
トイレの水漏れはほかにも、タンクで何かしらのトラブルが起きている、設置が不十分、本体の破損なども考えられます。まずはどこが濡れているのか、問題の箇所を特定することが大切です。ナットの緩みなどであれば自分で何とかできるかもしれません。しかしトイレリフォームなどが必要となれば自分で修理を行うのは難しいでしょう。そのため、専門業者に作業を依頼するのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ