トイレの水漏れが起きたら自分でやっておきたいこと

トイレの水漏れが起きたら自分でやっておきたいこと トイレで水漏れが発生した場合、専門の業者にお願いしなければならないと思っている人も多いです。基本的にこの発想は決して間違っていません。DIYを普段行っている人の中には自分で何とかできるのではないかと思って、修理を試みようとする方もいます。実際にトイレの水漏れの修理方法を解説したサイトや動画もネット上では数多く見受けられます。しかし素人が下手にいじってしまうと、かえって問題がこじれてしまう恐れがあります。そのため、業者に任せたほうが安心です。ただし業者を呼ぶ前に試しておきたいこともいくつかあるので紹介します。

■バルブやナットを締めてみよう

給水管や排水管のつなぎ目にバルブやナットがいくつか装着されているはずです。パイプの水漏れの場合、実はこのバルブやナットが長年かけて徐々に緩んできたことが原因で起きている場合も決して珍しくないです。この場合、ペンチなどを使って閉めなおしてみると症状が治まることも十分考えられます。この時、ゆっくりとまわして締めていくのがポイントです。早く漏れを止めたい気持ちがあると、慌てて一気に締めてしまうこともあります。しかし一気に締めすぎてしまうと、パイプを強く圧迫してしまいます。その結果、水の流れが悪くなって、水漏れが逆にひどくなることもあり得ます。徐々にゆっくりと締めていって、様子を見ながら作業を進めましょう。

■換気をしてみると治まることも
トイレのどこかで水漏れが発生していると思っていたところ、実は結露が起きているだけだったということもあり得ます。もしプロに調べてもらった結果、実は結露であった場合は修理が必要ないため、無駄な時間をかけてしまいます。そのため、結露の可能性を疑ってみることも大事です。この場合、便所の内外の温度差が問題です。そこでトイレの扉をしばらく開けっ放しにしてみましょう。そうすれば内外の空気が混ざり合って、温度差がなくなるからです。便所に換気扇を設けている家庭もあります。その場合には扉を締め切ったままでも換気扇を作動させれば、空気が混ざって温度差がなくなります。しばらくこのように喚起して、床などに付着している水分をふき取りましょう。そしてしばらくして濡れていないようであれば、結露だったと結論付けられます。

■パッキンの交換を自分で行う場合

タンクやパイプから水漏れが起きている場合、ゴムパッキンの劣化が疑われます。パッキンを新しいものに交換すれば、トラブル解決できるでしょう。webサイトを見てみると、交換のやり方について解説しているものも見られます。しかしもし自信がなければ、自分で行うのは自重したほうがいいです。分解する手順を覚えておいて、組み立てる際にはその真逆の作業をしなければなりません。もし組み立てのやり方や順番が間違えていると、余計に水漏れがひどくなることも考えられます。確実なのは工程ごとに携帯などで撮影して、それを見ながら組み立てる方法です。パッキンにはいくつか種類があって、トイレにフィットするものが決まっています。もし自信がなければ、今使っているパッキンを持っていって店員さんに同じものを用意してもらう方法もあります。

■まとめ
紹介した作業が、素人の方でもできるかもしれないトラブルです。これ以外の水漏れであれば、業者に迷わず依頼するのが基本だと考えましょう。業者を呼ぶまでに水がどんどん漏れているから何とかしたいというのなら、止水栓を止めることです。そうするとトイレ内部の水の流れを遮断でき、それ以上に被害拡大を防げるからです。また、トイレそのものが寿命を迎えている可能性もあります。その場合には修理だけでなく、トイレの交換も視野に入れましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース